ナビナビ閉じる
 > ヤクルトの想い
シロタ ミノル

代田 稔(シロタ ミノル)

  • 1899~1982
  • 医学博士
  • 株式会社ヤクルト本社
  • 元代表取締役会長兼中央研究所所長
  • 生涯を腸内菌の研究と予防医学の普及に捧げ、1982年、82歳で生涯を閉じる。

原点

健康への情熱、発想
「世界の人々の健康をまもりたい」

1921年、ヤクルトの創始者であり、医学博士の代田 稔は京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしました。当時の日本はまだ豊かではなく、衛生環境や栄養状態の悪さからコレラや赤痢などの感染症で多くの人々が命を落としていました。この状況に胸を痛めた代田は病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究に取り組みます。そして乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを見出し、1930年、胃液や胆汁などの消化液に負けず生きたまま腸内に達して、有益な作用を発揮する乳酸菌の強化培養に世界で始めて成功しました。それが今日、「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれている乳酸菌です。
代田はこの乳酸菌を一人でも多くの人の健康に役立ててもらうため、有志とともに安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化し、1935年に「ヤクルト」の商標で発売しました。
現在、世界中で愛飲されている「ヤクルト」の歴史はここから始まったのです。


ヤクルト販売80年の歴史ヤクルト販売80年の歴史
ヤクルト販売80年の歴史
シロタ ミノル

    代田 稔(シロタ ミノル)

  • 1899~1982
  • 医学博士
  • 株式会社ヤクルト本社
  • 元代表取締役会長兼中央研究所所長
  • 生涯を腸内菌の研究と予防医学の普及に捧げ、1982年、82歳で生涯を閉じる。

代田イズム

ヤクルトでは、創始者である代田の考えを「代田イズム」と呼び、現在もすべての事業の原点としています。

予防医学 病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防医学」が重要である 健康長寿 ヒトが栄養素を作る場所は腸である。腸を丈夫にすることが健康で長生きすることにつながる。 誰もが手に入れられる価格で 腸を守る「乳酸菌 シロタ株」を1人でも多くの人々に、手軽に飲んでもらいたい予防医学 病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防医学」が重要である 健康長寿 ヒトが栄養素を作る場所は腸である。腸を丈夫にすることが健康で長生きすることにつながる。 誰もが手に入れられる価格で 腸を守る「乳酸菌 シロタ株」を1人でも多くの人々に、手軽に飲んでもらいたい

乳酸菌 シロタ株の商品

生きたまま腸にとどき、腸内環境を改善

乳酸菌 シロタ株は生きたまま腸にとどいてはたらきます。ヤクルトは、この乳酸菌 シロタ株を手軽に、継続して摂取できる商品を数多く展開しています。その代表的な商品である「ヤクルト」シリーズは、特長を明確にしたラインアップで、お客さまのさまざまなニーズにお応えしています。「ジョア」は、乳酸菌 シロタ株に加え、フレーバーごとに1日分の各栄養素が入っています。

ページのトップへ